講習会

 2018年12月から始まるBSと110度CSによる新4K8K衛星放送の左旋円偏波では、新たに約2.2〜3.2GHzの中間周波数帯を使用します。
 旧規格のブースターなどの機器や施工不良がある衛星放送用受信設備で、BSアンテナを左旋受信対応のものに取り替えた場合、中間周波数帯の電波が漏洩し、既存の他の無線サービスと相互に干渉するおそれがあります。
 そこで総務省では、2018年度より、電波漏洩が生じないようにする改修工事に対して助成金を交付する衛星放送用受信環境整備事業を実施します【事業実施団体は、(一社)放送サービス高度化推進協会】。
 この事業に関して、専門的な知識を有する皆様(登録業者見込み)を対象に、「衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)」を5月から全国約160カ所で開催いたします。
 この講習会は、総務省の補助を受け、(一社)放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が日本CATV技術協会に運営を委託して実施するものです。
 この機会にぜひ、受講いただきますようお願い申し上げます。

 ※本講習会を受講しなくても業者登録は可能です。本講習会は、助成金交付の流れの各申請方法についての詳細講習になります。

申し込み方法

  • 下記日程表の各都道府県別に開催日時、開催場所、申込書があります。そちらから、電子メールかFAXにてお申込みください。
  • 各都道府県ごとにお申込先が異なりますので、各都道府県ごとの申込書をご使用ください。
  • 各会場の定員に達した場合は止むを得ずお断りさせていただくことがありますので、お早めにお申込ください。

内容(約2時間)

  1. 電波漏洩対策と助成金について
  2. 助成金申請にあたっての業者登録について
  3. 助成金申請から実績報告までの流れ
  4. 質疑応答など

受講料:無料

講習会資料

※ 講習会資料は、受講者へ会場で配布されます。

講習会日程表

講習会と日程については各都道府県をクリックしてご確認いただけます。

  • メールでお申込みの場合は申込書(Word)をダウンロードし講習会日程表(PDF)をご確認の上、必要事項を記載し該当する支部のメールアドレスに申込書(Word)を添付をしてお申し込みください。
  • FAXでお申込みの場合は講習会日程表(PDF)をご確認していただき、申込書(PDF)を印刷し、必要事項を記載の上、各支部のFAX番号へお申し込みください。(その際、FAX番号のお間違いにお気をつけください。)

北海道

■申し込み先:hokkaido@catv.or.jp

■北海道講習会 申込書Wordファイルを開きます
 申込書PDFファイルを開きます

平成29年度4K8K放送に関する講習会(電波漏洩に関する講習会)